会員からのお知らせ

シニアアドバイザー会員 髙田公子さん「Salon de tetraの『美・音活』について」

Salon de tetraの『美・音活』は、音楽教室から発信する美と健康のプログラムで、

「呼吸」をキーワードに立ち上げました。

その際に、呼吸を大切にした洗顔法があることを知り、自身のプログラムに是非加えていきたいと、カマタメイクアップスクールで呼吸洗顔®と鎌田顔分析メイクを学びました。

音楽教室ならではのヴォイストレーニングで行っている呼吸法 に加え、アロマテラピーやバッチフラワーセラピーを取り入れることで、癒しの空間で心身を整え、より一層、

健康的な 素肌へと自分自身で導く方法を身に着けていきます。

・「呼吸ストレッチ体操」をベースとした『美容ヴォイストレーニング』は、呼吸により身体の内側からストレッチを施し、  自然な表情と身体で本来の腹式呼吸を行います。

 体内循環が良くなり、リラックス効果をもたらし、心を整え生き生きと したお肌と声を作り上げていきます。

・『呼吸洗顔®』は、呼吸を整えて顔の余分な力を取り除き、呼吸法により血行を促進しながら、潤い、つや、はりのある肌 へと導いていく洗顔方法です。

「いまさら洗顔で~?」・・・いえいえ、呼吸を意識した正しい顔の触り方には、サプライズがいっぱいです♪

心を大切にされる鎌田先生の教えは、音楽との共通点もいっぱいです!  筆・スポンジから出るエネルギーは、ピアノを弾く時の指先から鍵盤に伝わる感触と似ていて、

声も同様、呼吸もそう 感じます。

今では、シニアアドバイザーとして活動しながら『美・音活』の目指す

●心の健康  ●身体の健康  ●見た目の健康  

に繋がる、鎌田先生からの教えの数々…を日々、皆様にお伝えしております。

 

当サロンの人気レッスンは、

リリィコース<全三回 15000円税別 1回90分 少人数制> (呼吸ストレッチ法~呼吸洗顔®~基礎肌作り、美しく魅せるベースメイクレッスン)

呼吸ストレッチ体操から呼吸洗顔®で、マイナス要因になる顔の力を取り除き、健やかなお肌へと導く呼吸洗顔法と、 美しく魅せるベースメイクがマスターできます。

*コロナ禍でマスクを着用する機会が増えました。浅くなった呼吸を取り戻し、硬くなった表情を解放し、肌トラブルの起こりにくい健やかなお肌を作り上げていきましょう♪

サロンにいらっしゃる生徒さんやお客様に、音楽は勿論、バッチフラワーレメディ、アロマテラピー、そしてこの カマタのスキンケア、メイク方法をお伝えして、

自分自身も含め、皆様がより一層、心も身体も健やかに過ごせますように …日々精進して参ります!

是非、ご興味や機会がございましたら、どうぞお気軽にお訪ねください♪ お待ちしております。

 

シニアアドバイザー会員 大日方あき子さんからのお知らせ「オンラインメイク」

「画面上で差をつけよう! リモートワーク・オンライン飲み会で映えるメイクアップ」

PC・スマホを使った画面上でのコミュニケーションが増えました。
自宅に居ながらにして簡単に繋がれるので、いつもよりも身支度に手抜きができます。
しかし、あまりにも手を抜き過ぎるとだらしない印象を与えてしまったり、逆に張り切ったメイクをしているとそれも浮いてしまいます。

画面に映った時の見え方の特性を理解して、正しく手抜きメイクをしましょう!

《Point 1》
顔色を補正するくらいの軽いベースメイクでOK!
●いつもより薄付きのベースメイクでいいでしょう。
画面上では細かいところまで見えません。
少しだけ色補正のある下地と軽いパウダーで仕上げるだけでも、キレイなお肌に見えます。
クマが気になる方は目の下に軽くコンシーラーだけ仕込みます。

《Point 2》
目元の陰影のつけ過ぎに注意!ナチュラルに仕上げて正解。
●眉毛はしっかり描きましょう。
光の当たり具合によっては、眉が薄く見えてしまいます。
眉はいつも通り手を抜かずに描きましょう。
●アイライン・マスカラは使わなくていいかも。
目元を引き締めるようなアイテムは使わない方が、抜け感が出て自然なキュートさが出ます。ただ、まつげが下がっていると目元に影ができやすいので、ビューラーでしっかりあげておきましょう。
●アイシャドーはキレイな色を
ブラウン系のアイシャドーは目元が暗くくすんで見えてしまいがちです。
パステルカラーのアイシャドウを軽くつけておくだけで目元が明るく見えます。

《Point 3》
スクリーン越しだと色が浅く映りがちなので、
顔色を左右するチーク・リップはしっかりと色をのせること。

●チーク・リップはしっかりめにつけましょう。
画面を通すと赤みが薄くなります。チークは気持ち濃い目に、リップもいつもよりしっかりとした色をつけた方が顔がちょうど良く華やかに映ります。
いつもは使わない色に挑戦するいい機会ですよ。


《Point 4》
メイクが生えるアクセサリーを。
●実は、ピアスやイヤリングも顔に近いので、非常に顔の印象を左右する重要なアクセサリーの一つなのです。
面が大きなもの、長すぎるものは、画面で見ると顔の下にボリュームを出してしまうので、注意して選びましょう。
また耳の隠れているボブやミディアムヘアの方はできるだけ耳を出して、縦の印象を与え、顔をほっそりと見せることができます。

《Point 5》
老けを生み出す影は欲しくない!
●自然光・照明の当たり方を考えましょう。
顔正面に光が均等に当たる位置に座りましょう。表情がよく分かりますし、肌もキレイに見えます。自然光が入る時は窓方向に顔が向くように、また部屋の照明を利用する時はできるだけ顔に均等に光が当たる位置に座りましょう。
窓を背にすると逆光で顔が暗く映り、照明の真下に位置すると、顔に下向きの影ができてしまい美しくありません。
●カメラに対してできるでけ正対して座りましょう。
下からのアングルは二重顎に見えてしまいます。
またその際には猫背にならないように姿勢正しく座ることで首が長細く見えます。

フェイスアップアドバイザー会員 三浦アンヌさんからのお知らせ「成人式メイクアップ」

「振袖のメイクは、若々しく上品で凛とした印象に仕上げるのがポイントです。」

《ベース》
振袖の存在感に負けないように、しっかり仕上げます。全体に厚く塗るのではなく、眼の下やCゾーンを丁寧に重ね付けします。最後にフェイスパウダ―をブラシでふんわりのせます。

《ポイントメイク》
チークは、ピンク系でふんわりとのせ、こめかみからCゾーンにかけてもうひと筆プラスします。
は、あまり太くなく眉山に丸みを持たせ、眉尻を気持ち長めにスッと描きます。
アイシャドーは、着物と同色系の淡い色をアイホールにのせ、ブラックのアイラインで引き締めます。
リップは、赤リップとほんの少しグロスをのせます。

 

マイスター会員 うかいまりさんからのお知らせ「和服メイクアップ」

「浴衣や夏きものは日本人の日常着に近く、木綿や麻素材が多く軽くて涼しげです。
メイクも頑張りすぎずカジュアルに。普段とは違うお洒落や冒険心を表現出来ると楽しいですね。」

《ベース》
厚塗りは禁物です。きちんとスキンケアして、UVクリアータイプを呼吸を吐きながら丁寧に塗ります。
その上から更にピンクパール等の光沢感のあるカラーベースを目周りに指で優しく重ね塗り、これにパウダーのみ。
どうしてもカバーしたいところは、ファンデは省きコンシーラーで最小限にしましょう。

★次に冒険したいパーツを決めます。アイシャドウかリップです。どちらか片方冒険したら、片方は抜きます。

《アイシャドウで冒険の場合》
着物本体に色を合わすよりは、帯や小物等、小さい面積の所に合わせると粋ですね。
2色の濃淡でいつもと違うカラフルな色にも挑戦!濃い色のアイシャドウでアイライン風に切れ長に入れても素敵です。
アイライン・マスカラはブラックは重くなるので、瞳の色、髪の色に合わせてブラウンやネイビー等で柔らかさを。
アイメイクで冒険したときはリップはグロス程度に。チークも健康的で自然に仕上げます。

《リップで冒険の場》
リップにレッドやピンク、オレンジ等、可愛く冒険するときは輪郭は簿かします。
ハッキリ縁取ると老けて見える恐れがあります。それに合わせて華やかな色のチークを選んで普段よりやや高めに
入れ下まぶたの目尻と耳たぶにもほんのり入れると素敵ですよ!